Shiomi clinic logo

潮見クリニック
内科 消化器科 小児科
TEL 06-6627-3250

ホーム予防接種のご案内>子宮頸がん予防接種(ヒトパピローマウイルスワクチン)HPVワクチン

子宮頸がん予防接種(ヒトパピローマウイルスワクチン)HPVワクチン

  子宮頸けいがんワクチンの接種後に体の痛みなどの重い副作用が生じている問題で、厚生労働省の有識者検討会において、この副作用は「接種による痛みや不安に対する心身反応」との見解が出されました。 疼痛に対して異常に敏感な人は子宮頸がんワクチンの接種を避けた方が良いと思います。なを、現時点では積極的接種の推奨再開には至っておらず、継続検討中です。


  子宮頚がん発症は、ヒトパピローマウイルス感染が最も主要な原因と考えられています。このヒトパピローマウイルス感染を予防することにより子宮頸がんを予防するワクチンです。接種する意義があるのは45歳までの女性と言われていますが、最も接種を推奨する年齢は11歳から14歳の女性です。定期接種は中学1年生から高校1年生までとなっています。その他の年齢の方は任意接種として有料で接種を受けて下さい。

子宮型がん予防に使用できるワクチンが2種類

サーバリックス

  子宮頸がんの原因として最も主要な原因と考えられているHPV16型とHPV18型の2種類のヒトパピローマウイルスの感染を予防します。

ガーダシル

  HPV6型、HPV11型、HPV16型とHPV18型の4種類のヒトパピローマウイルスの感染を予防し、子宮頸がん、外陰上皮内腫瘍、膣上皮内腫瘍、尖圭コンジローマを予防します。


サーバリックス接種スケジュール

  10歳以上の女性に1回目の接種を開始し、1ヶ月後に2回目の接種を行います。初回接種後より半年後に3回目の接種を行います。

サーバリックス接種スケジュール
10











1回目2回目3回目

ガーダシル接種スケジュール

  9歳以上の女性に1回目の接種を開始し、2ヶ月後に2回目の接種を行います。初回接種後より半年後に3回目の接種を行います。

ガーダシル接種スケジュール












1回目2回目3回目